運転免許証と歴史

日本の運転免許証とは、筆記試験や技能試験に合格し、自動車や原付自転車の運転の許可をされているという事をしめす公文書の事で、認定団体は都道府県の公安委員会であり、住民票のある都道府県の運転免許試験センターで交付される国家資格になります。

運転免許証には、自動車では大型や中型、普通、大型特殊に分かれ、二輪バイクは、大型や普通、小型特殊、原動付自転車に分かれています。

取得年齢は原動付自転車と小型特殊、普通二輪が16歳以上で、普通自動車や大型特殊、大型二輪は18歳以上となっています。

中型自動車免許を取得するには、年齢だけでなく普通自動車免許、もしくは大型特殊免許取得後2年経過している事、大型自動車免許は、普通自動車免許取得後3年以上経過している事が条件となっています。

日本の運転免許証の歴史は、愛知県で乗り合いバスを運転するために「乗合自動車営業取締規則」が定められ、運転免許証を木版で作りました。

その後各都道府県に広まりましたが、戦争のため一時的に免許の年齢制限が18歳から15歳に下げられましたが、戦後にはまた18歳に戻り、運転免許証がいらなかった自動二輪にも免許が必要となります。

当時の自動車は、今のように四輪や二輪だけでなく、三輪自動車があり、運転免許証も三輪や小型などに分かれていましたが、普通免許に統合され今の運転免許証と同じようにカードタイプになりました。

写真などカラーが使用されたのはその後、1973年になってからです。


≪管理人推奨リンク≫
大型や中型、大型特殊などを効率よく取得できる合宿免許の情報サイトです ⇒ 合宿免許 情報

Copyright © 2014 運転免許証のいろいろ All Rights Reserved.